講座・課程詳細

放送大学大学院 文化科学研究科(修士課程)文化科学専攻

団体名
放送大学大学院
課程名
文化科学研究科(修士課程)文化科学専攻
課程区分
正規課程
地域:詳細
千葉県千葉市美浜区若葉2-11(本部キャンパス)
地図で見る
科目・講師
開講日時
1学期:4月~9月、2学期:10月~3月
受講期間の目安
受講料
学費について■入学料 修士全科生:4万8000円 修士選科生:1万8000円 修士科目生:1万4000円■授業料 1単位あたり1万1000円 ※修士全科生は、出願時の検定料として3万円、入学料・授業の他に研究指導料として入学時に2年分17万6000円が必要。また臨床心理学プログラム選択者は、他に2万円の実習費が必要。
学費支援
(奨学金)
無し
学費支援(教育訓練給付金)
無し
ジャンル
心理
通学/通信区分
通信
機関コード
32508
定員
■募集人員 修士全科生:500名 修士選科生・修士科目生合わせて:1万1000名
講座の概要
【高度専門職業人を養成!1科目から学べる開かれた大学院】【自宅で学ぶ。マイペースに習う。メディア等で研究指導を受ける】
高度情報化と国際化が急速に進む中、社会人にはより高度で実践的な専門知識と能力が求められている。放送大学大学院は、こうした要請に応えるべく、スペシャリストを志す全国の誰しもが「職場や生活の場を離れることなく、総合的教養学に裏づけられた高度な専門的学識と知的技能を修得できる大学院教育」と「キャリア・デベロップメントに資する教育」を推進する“開かれた大学院”として開設された。 最大の特徴は、BS放送やインターネット配信を活用した「放送授業」を中心に自宅で学習できること。学期の途中に「通信指導」があり、合格すれば「単位認定試験」を受けて、その成績評価によって単位を修得できる。修士全科生は所定の単位修得とあわせて、対面又はメディア(インターネット、Webカメラ、電話、ファックス及郵送等)による「研究指導」を受けたうえで、修士論文の審査と口頭試問により、修士の学位を取得できる。

【修士全科生は全7プログラム】
「文化科学研究科・文化科学専攻」の下に、(1)生活健康科学、(2)人間発達科学、(3)臨床心理学〔(財)日本臨床心理士資格認定協会第2 種指定大学院〕、(4)社会経営科学、(5)人文学、(6)情報学、(7)自然環境科学の7つのプログラムを開設している。各プログラムは、相互に利用・補完しあうよう構成されており、自分が所属するプログラムの科目だけでなく、研究内容に応じて、他のプログラムの科目を有機的に学習計画に組み込める。 学び方も多様で、(1)2年以上5年以内で「修士(学術)」取得をめざす「修士全科生」、(2)学習したい科目を選択して1年間(2学期間)学ぶ「修士選科生」、(3)同じく半年間(1学期間)学ぶ「修士科目生」の3つを用意。修士選科生と修士科目生は、入学試験なしで4月または10月に入学できるうえ、専門知識や知的技能を修得するための職場研修、現職教員の方などの専修免許状取得に利用できる。

【臨床心理士の受験資格取得】
臨床心理学プログラム所属の修士全科生は、放送授業の臨床心理学特論と臨床心理面接論、面接授業の臨床心理査定演習、臨床心理基礎実習、臨床心理実習および研究指導など所定の単位を修得して修了した後、1年以上の実務経験を経て、臨床心理士の受験資格を取得できる。
履修資格
■入学資格
●修士全科生 大学を卒業した方(卒業見込みを含む)または大学を卒業した方と同等以上の学力があると認めた方について入学者選考を行う。
●修士選科生・修士科目生 18歳以上であれば入学可。
身につけられる知識、技術、技能
文化科学,教育,臨床心理
科目一覧
入試方法
■入学試験
修士全科生 第1次選考:筆記試験 第2次選考:面接試問
修士選科生・修士科目生 なし(入学資格の確認のみ)
※博士後期課程の資料請求、出願に関するお問い合わせは放送大学本部までお電話下さい。