講座・課程詳細

マイページのお気に入りに追加されます

神戸大学 DX基礎講座

団体名
神戸大学
課程名
DX基礎講座
課程区分
履修証明プログラム
地域:詳細
兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1
地図で見る
科目・講師
開講日時
2024年6月1日(土)~ 2025年3月31日(月)
※受講期間は上記申込日より90日間
受講期間の目安
①データサイエンス・AI基礎(15時間) ②Python基礎演習(15時間)
受講料
①「データサイエンス・AI基礎」20,000円  
②「Python基礎演習」20,000円
※団体割引:1組織の受講科目数が100を超える分については、1科目 10,000円の 特別価格を適用
(例)1組織250科目の場合、100×20,000円+150×10,000円=3,500,000円
※教育機関向け割引:1科目 10,000円(団体割引との併用は無し)
学費支援
(奨学金)
無し
学費支援(教育訓練給付金)
無し
ジャンル
DX等成長分野 DX人材の育成を目的とした神戸大学が提供するeラーニングプログラムです。 AI テクノロジーの概要とビジネスへの活用の最新動向を学ぶことで、自社に適用するアイデア創出の基礎が学べます。 デジタル人材に必要な知識をDX・データサイエンスの基礎となるテーマ別に配置し、事例も交えわかりやすく解説します。デジタル人材に必要な知識を学び、エッセンスをつかんでいただきます。
通学/通信区分
通信
募集期間
2024年4月1日~2024年12月31日
機関コード
14501
定員
1000名
期間
2024年6月1日(土) ~ 2025年3月31日(月)
講座の概要
①データサイエンス・AI基礎
社会で起きている変化、データ・AI利活用の最新動向や活用領域、実用事例に触れ、AI倫理、プライバシー保護など留意事項を理解した上で適切にデータ解析する基礎を習得します。

【学習スケジュール】
第1回 イントロダクション、社会で起きている変化
     社会におけるデータサイエンス・AI利活用
第2回 データ・AI利活用における留意事項
第3回 データサイエンスに必要な数学基礎
第4回 確率・統計の基礎
第5回 データリテラシー・データを読む
第6回 データリテラシー・データを説明する
第7回 データリテラシー・データを扱う
第8回 確認テスト(オンライン)

②Python基礎演習
自分の手で基礎的なデータ分析を行えることを目標とし、Google Colabを使ったオンデマンド講義とe-ラーニング型演習で、プログラミング基礎を短期間で効果的に習得します。

【学習スケジュール】
第1回 Python イントロダクション
第2回 データ型,演算子,制御構造
第3回 リスト,配列,関数
第4回 Pandas入門
第5回 ファイル入出力、プロットと可視化
第6回 生データからデータセットへ
第7回 Hello データサイエンス
第8回 演習問題 総合解説
講座レベル
基礎レベル
履修資格
DX・データサイエンスを基礎から学びたい方の講座です。
「デジタル技術に自信が持てない」という文系出身のビジネスパーソンの方でも、心配せずにご受講いただけます。

受講対象者
・データの利活用などデジタル人材に必要となる基礎を学びたい方
・所属部署や職種で必要となるデジタルの基礎知識を身につけたい方
・DX・データサイエンスの基礎を習得したい方
対象とする職業の種類
企業、自治体、教育機関などの就業者(職業・職種は問いません)。
身につけられる知識、技術、技能
データサイエンス、AI(人工知能)リテラシー理論と実践的なデータサイエンス手法が身につきます。受講生には、ITSSレベル2「アソシエイトデータサイエンティスト」(独り立ちレベル)を目指して頂きます。
得られる能力
①データ分析力/解析力(「データサイエンス・AI基礎」受講の場合)
②Pythonプログラミング(「Python基礎演習」受講の場合)
科目一覧
修了要件
各単位毎に実施される修了試験に合格すること。
修了時に付与される学位・資格等
①「データサイエンス・AI基礎」、②「Python基礎演習」それぞれについて、全ての講義を受講し、確認テスト、演習問題で合格点に達した方には修了証が授与されます。
※「データサイエンス・AI基礎」および「Python基礎演習」両講座を修了した方にはオープンバッジ(電子証明書)を発行予定
成績評価の方法
「データサイエンス・AI基礎」は確認テスト、「Python基礎演習」は演習解答結果により修了判定を実施します。
社会人が受講しやすい工夫
完全オンラインで、いつでもどこでも学べ、神戸大学フォロー体制により、参加者一人ひとりをきめ細かくサポートします。(学習管理システム等を活用した、受講者/講師間交流環境を提供します。)
ホームページ
http://www.cmds.kobe-u.ac.jp/events/2024/2024_dx_recurrent/index.html
自由PR
社会で起きている変化、データ・AI利活用の最新動向や活用領域、実用事例に触れ、AI倫理、プライバシー保護など留意事項を理解した上で適切にデータ解析する基礎を習得します。

コメントを投稿する際はログインして下さい

ユーザーコメント