講座・課程詳細

リカレントメンタルヘルススクール メンタルヘルスヘルスカウンセラー養成コース+EAP【通信+通学(オンライン/教室)】

団体名
リカレントメンタルヘルススクール
課程名
メンタルヘルスヘルスカウンセラー養成コース+EAP【通信+通学(オンライン/教室)】
課程区分
その他
地域:詳細
リカレント銀座
東京都中央区銀座2-9-13
GINZA-2ビル8F(受付)・5F
地図で見る
科目・講師
開講日時
約6ヶ月
受講期間の目安
125時間相当
受講料
入会金:22,000円(税込)
受講料:349,800円(税込)
教材・実習費:24,200円(税込)
学費支援
(奨学金)
有り
学費支援(教育訓練給付金)
無し
ジャンル
通学/通信区分
通学
定員
12~20名
期間
約6か月
講座の概要
ストレスやうつ病といったメンタルヘルスの知識、短期で結果を出すためのカウンセリング手法・心理カウンセリングを行うにあたって役立つ心理療法などを学びます。さらに、メンタル不調の方への対処方法だけでなく、メンタル不調の再発防止や予防のための知識・スキルも習得し、企業のパフォーマンス向上にも貢献できるカウンセラーを目指します。また「EAPメンタルヘルスカウンセラー」資格認定試験の学科試験免除コースに指定されています。初心者から現場のニーズに合わせた体系的な学習が可能です。

さらに、カリキュラムは大学の心理学科や大学院の心理専攻レベルの内容をコンパクトに、かつ段階的に習得できるように構成されています。初心者でも短期間で実践力が身につきますので、卒業後は即戦力として活躍することができます。
講座レベル
基礎レベル、専門レベル
対象とする職業の種類
EAPメンタルヘルスカウンセラー
心理カウンセラー
身につけられる知識、技術、技能
・メンタルヘルスの知識
・短期で結果を出すためのカウンセリング手法
・心理カウンセリングを行うにあたって役立つ心理療法
・メンタル不調の方への対処方法
・メンタル不調の再発防止や予防のための知識・スキル
得られる能力
・カウンセリングスキル(非指示的・指示的)
・対人関係療法のスキル
・認知行動療法のスキル
・ブリーフセラピーのスキル
・グループファシリテーションのスキル
・多様なケース(うつ病/適応障害/発達障害)への対応スキル
科目一覧
修了要件
修了試験で60%以上の獲得
出席率80%以上
修了時に付与される学位・資格等
「EAPメンタルヘルスカウンセラー」資格認定試験の学科試験免除
成績評価の方法
各種試験(筆記、カウンセリング実施+口頭試問)
社会人が受講しやすい工夫
【「通信+通学」のハイブリット授業】
理論の内容は、ご自身のペースで学べる映像授業です。リカレントの人気講師が行った講義の授業をまるごと録画。学びやすく編集して収録しています。通勤時間にスマートフォンで学習しても、週末にまとめて勉強するのもOK。全国どこにいても、質の高いリカレントの授業を受けられます。
カウンセリングの実践スキル習得の授は、リカレントの校舎に通学して受講します。担任講師が習得度を確認しながら進めていくので安心です。短期間で集中して同じ目的の仲間と切磋琢磨して学ぶことができます。

【少人数クラス担任制】
リカレントはクラス定員を設けています。少人数制のため講師の目が行き届き、様々な場面を想定したケーススタディやロールプレイングを豊富に取り入れられています。スキルを確実に身につけられる徹底した指導を行っています。

【実践体験学習プログラムを導入】
実践体験学習プログラムとして「カウンセリング・プラクティカム」をご用意しております。カウンセラーとして実践力向上のため、実際にカウンセリングを受けたり、カウンセラーとしてクライアント(相談者)をカウンセリングする実践体験学習が可能です。
ホームページ
https://www.recurrent.co.jp/eap/
卒業生の進路
・企業内領域(人事・総務でEAPを提案)
・EAPサービス会社
・地域の行政機関
・小、中、高校などの教育機関
・NPO法人EAPメンタルヘルスカウンセリング協会が運営するこころの相談機関「RMC(リカレントメンタルヘルスセンター)」への登録制度
・EAP会社や相談サービスなどを行う会社を立ち上げる
試験日
年2回(1月、7月)
合格発表
3月・9月
試験科目
学科試験(筆記試験)
実技試験(論述試験+面接試験)
自由PR
リカレント メンタルヘルススクールは、これからの日本を変えるためにEAPが必要と考え、EAPの専門スクールを2013年に開校。日本で初めてのEAP教育に特化したメンタルヘルススクールとして誕生しました。

近年の厳しい経済環境に加え、年功序列といった日本型雇用制度の時代から大きな変革期を迎える現代、働く人を取り巻く環境は急変し、社員の心理負担は増大しています。 労働者の自殺の増加や、うつ病による休職者の激増、業務による心理的負荷が原因となり労災認定案件に発展するなど、近年、従業員のメンタル不調が業務パフォーマンスに大きな影響を与えています。
職場では、従業員のメンタルヘルス対策の重要性が叫ばれる一方、有効な手段を打てる専門家の数が足りないのが現状です。
EAPとは、従業員支援プログラムのことで、日本のメンタルヘルス対策の切り札として注目されています。


リカレントでは、資格の概要や、EAPメンタルヘルスカウンセラーに求められるスキル、資格の活かし方、リカレントのサポート制度などを詳しくご説明する、イベントを開催しています。
EAP、カウンセリングやメンタルヘルスの仕事や資格に興味のある方は、ぜひご参加ください。

■「心理の資格と仕事」説明会 ~eMC資格から国際EAPコンサルタントへ~
>>オンラインでも開催中

■「心理の資格と仕事」説明会 ~EAPカウンセリング授業体験セミナー ~
首都圏の教室にて開催中

■個別ガイダンス(来校/オンライン/電話)
リカレントの専任のスクールカウンセラーが個別にご説明いたします。説明会と同様の内容から、皆さまの様々なご質問に丁寧にお答えいたします。説明会の日程が合わない方や、気軽にご質問をされたい方にお勧めです。

イベントの詳細や日程、ご予約はメンタルヘルススクールHPよりご確認いただけます。

皆さまのご参加をお待ちしております。

コメントを投稿する際はログインして下さい

ユーザーコメント