講座・課程詳細

東京未来大学 通信教育課程 こども心理学部こども心理学科

団体名
東京未来大学
課程名
通信教育課程 こども心理学部こども心理学科
課程区分
正規課程
地域:詳細
東京都足立区千住曙町34-12
地図で見る
開講日時
「詳細はこちら」からご確認ください
受講期間の目安
受講料
学費等について
【正科生(1年次入学)】 入学金 30,000円(初年度のみ) 授業料 78,000円/学期 スクーリング料 7,000 or 10,000円/単位 教材費 1,500~3,000円/科目 概算年間 250,000円程度 標準在籍期間 4年 【正科生(3年次編入学)】 編入学金 50,000円(初年度のみ) 授業料 78,000円/学期 スクーリング料 7,000 or 10,000円/単位 教材費 1,500~3,000円/科目 概算年間 250,000円程度 標準在籍期間 2年 【科目等履修生】 登録料 30,000円(継続登録は5,000円) 科目履修料 7,000円/単位 教材費 1,500~3,000円/科目
「詳細はこちら」からご確認ください
学費支援
(奨学金)
無し
学費支援(教育訓練給付金)
※「詳細はこちら」からご確認ください
ジャンル
心理
通学/通信区分
通信
学べる内容
こども心理,幼児教育,初等教育
問い合わせ
0800-888-5071 (フリーコール) https://corres.tokyomirai.ac.jp/index.html
アクセス
東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)堀切駅2分、京成線京成関屋駅7分
課程詳細
【“こどもの心理”を学び、最短2年間で認定心理士資格を取得】
【“こどもの心理”を学ぶ -理解・知識の定着を考えたカリキュラム】
■子どもの心のケアを学習・研究 心の発達と知的発達のメカニズムを理解したうえで、子どもの発達を手助けする「こころの専門家」を育成。“こどもの心理”(教育・発達心理学)をベースに、教員やカウンセラーとして心理・教育系分野で活かせる力を養える。 ■2つのカリキュラムモデルを用意 【心理領域】教育心理学やカウンセリング論等の基礎的な心理学から、認知心理学や心理療法等の実践の場で活躍するために必要な心理学まで、幅広く学ぶことが可能。 【教育領域】発達障害学、教職論など指導者・教育者としての知識や実践力を着実に習得できる。

【目的に合わせたコースを設置】
■認定心理士コース 最短2年で認定心理士を目指す。“こどもの心理”を中心に心理学全般を学習し、カウンセリングスキルや専門的な知識を習得。いじめや学級崩壊など、子どもや周りの人々が抱える問題に、心理学的な見地から改善策を提案できる能力を習得する。 ■生涯学習コース 社会や家庭など、あらゆる場面で役立つ心理学を学ぶ。最終学歴によってはスクーリングの履修なしで学位取得が可能。 ■小学校・幼稚園教諭一種免許コース 小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状の取得を目指す。子どもの心理と教員として必要な知識を学び、子どもの健やかな成長を支援するための力を養う。

【働きながらでも学びやすい・続けやすい学習環境を用意】
■単位修得率約87%を実現する学習フォロー 独自の学習システム“2セメスター・8ターム制”では、約1ヵ月で最大2科目を履修。試験はすべてWeb上で行われる。 学習サポートとして、キャンパスアドバイザー(CA)制度を導入。学生一人ひとりに担当CAが付き入学から卒業までサポート。きめ細かいフォローを受けることができるのも魅力。 ■インターネットを活用した授業や試験 試験はすべてWeb上で行われる。パソコンで24時間受験が可能で、時間・場所を選ばず交通費等の経済的負担も軽減される。スクーリングは社会人でも履修しやすい様に、週末(土日)・祝日・夏期休暇を利用した日程を開講。一部科目はメディア授業として開講され、自宅のパソコンで受講できる。

入試情報
【2021年度募集要項】
■定員 こども心理学部 こども心理学科 通信教育課程: 1.正科生(1年次入学) 75名 2.正科生(3年次編入学) 300名 3.科目等履修生 若干名
■出願期間 正科生(1年次入学・3年次編入学)、科目等履修生ともに次の通り 【4月(春学期)入学・登録】 A日程 2021/1/4(月)~2021/2/1(月) B日程 2021/2/2(火)~2021/2/26(金) C日程 2021/2/27(土)~2021/4/1(木) 【10月(秋学期)入学・登録】 D日程 2021/6/29(火)~2021/7/30(金) E日程 2021/7/31(土)~2021/8/27(金) F日程 2021/8/28(土)~2021/10/1(金) ※各日程最終日願書必着。 ※各日程の出願期間で定員を充たした場合、それ以降の募集は実施しない。
■選考方法 正科生(1年次入学・3年次編入学)、科目等履修生ともに書類審査のみ。
■取得が目指せる学位・免許状・資格 【学位】 学士(こども心理学) 【免許状・資格】 小学校教諭一種免許状  幼稚園教諭一種免許状 保育士(幼保特例制度対象者のみ) 認定心理士  社会福祉主事任用資格 児童福祉司任用資格(要実務経験)  児童指導員任用資格 等 ※在籍コースにより、目指せる資格・免許状は異なる。詳細問合せ。
■出願資格 【正科生(1年次入学)】 1.高等学校または中等教育学校を卒業した者 2.高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。) 3.高等専門学校(5年制)の3年次を修了した者 4.文部科学大臣の定めるところにより、大学入学に関し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる次のいずれかに該当する者  (1)外国において学校教育における12年の課程を修了した者、または文部科学大臣が指定した者  (2)文部科学大臣が、高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者  (3)専修学校の高等課程(修業年限3年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たす者に限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者  (4)文部科学大臣の指定した者 5.大学・短期大学を中途退学した者

【正科生(3年次編入学)】 1.大学、短期大学、高等専門学校(5年制)を卒業した者  ※大学院を修了している者も、大学の卒業証明書と成績証明書を提出 2.出身の専門学校が、以下の(1)または(2)のいずれかに該当する者  (1)専修学校専門課程卒業者で、平成6年文部省告示第84号の規定により、専門士の称号が付与されている  (2)文部科学大臣が定める基準「修業年限が2年以上で、かつ課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上」であるとともに、試験等により成績の評価を行ない、それに基づいて課程修了の認定を行っている ※卒業までに、当該学科が専門課程の設置認可を受けていなくてはならない ※昭和51年1月(専修学校制度発足)以前の卒業者は、「各種学校」の卒業となり、編入学資格はない 3.高等学校等の専攻科の課程を修了した者 ※以下の(1)かつ(2)に該当していること  (1)修業年限2年以上  (2)文部科学大臣が定める基準を満たしている 4.修業年限4年以上の他大学において2年以上在学(在学見込を含む)し、中途退学した者で、62単位以上修得(修得見込を含む)している者 ※在学は休学期間等を含む“在籍”にはあたらない 5.大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された者 【科目等履修生】 1.高等学校または中等教育学校を卒業した者 2.高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。) 3.高等専門学校(5年制)の3年次を修了した者 4.文部科学大臣の定めるところにより、大学入学に関し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる次のいずれかに該当する者  (1)外国において学校教育における12年の課程を修了した者、または文部科学大臣が指定した者  (2)文部科学大臣が、高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者  (3)専修学校の高等課程(修業年限3年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たす者に限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者  (4)文部科学大臣の指定した者 5.大学・短期大学・高等専門学校(5年制)を卒業した者

powered by スタディサプリ社会人大学・大学院