講座・課程詳細

日本工業大学専門職大学院 技術経営研究科

団体名
日本工業大学専門職大学院
課程名
技術経営研究科
課程区分
正規課程
地域:詳細
東京都千代田区神田神保町2-5
地図で見る
科目・講師
開講日時
4月
「詳細はこちら」からご確認ください
受講期間の目安
受講料
170万円(中小企業診断コースは別途特別科目受講料60万円が必要) ※専門実践教育訓練給付金対象(年間上限56万円・申請時に条件あり)
「詳細はこちら」からご確認ください
学費支援
(奨学金)
無し
学費支援(教育訓練給付金)
※「詳細はこちら」からご確認ください
ジャンル
MBA
通学/通信区分
通学
こだわり条件
土日・夜間,1年制,大学院
学べる内容
経営戦略の立案と実践,会計・財務/経営指標,人,組織マネジメント,プロジェクト推進,第二創業や起業の知識
問い合わせ
03-3511-7591 (技術経営研究科) http://mot.nit.ac.jp/?utm_source=daigaku-in_net&utm_medium=website&utm_campaign=daigaku-in-net_yearly
アクセス
東京メトロ/都営地下鉄線・神保町駅下車徒歩2分、九段下駅下車徒歩5分
課程詳細
【仕事と両立して1年間で修士号を取得できる【MOT=技術版MBA】】
『平日夜間&土曜授業』『1年間で修士号』等の特徴を持つ、MOT=技術版MBA。中小企業の技術経営にフォーカスした同学は、経営者・起業家・幹部社員/キャリアアップを目指す個人等、多彩な顔触れによる相互触発が魅力。多様なニーズに応えるカリキュラムに加え、自らの抱える課題を解決する修論(特定課題研究)で、現場で活きるマネジメント力を獲得できる。 授業は、経営者・管理者向けの革新的なマネジメント方法、プロジェクトの管理、新事業開発やベンチャー創設などが中心。「技術には自信があるが経営面が不安」「体系的経営知識を修得したいが時間がない」などの悩みを解消。MOTのノウハウをIT産業やサービス業等に展開するニーズにも対応。

【学歴や出身学部は不問、働きながら1年で技術経営力を身につける】
ビジネスの多様なニーズに合わせ、技術経営手法を学ぶ「中小企業技術経営コース」、企業内で直面する諸問題の解決能力向上を図る「プロジェクトマネジメントコース」、新事業立ち上げやベンチャー企業の経営戦略を学ぶ「起業・第二創業コース」、中小企業対象のコンサルタントに必要な知識や手法を学ぶ「中小企業診断コース」の4コースを設置。通学に便利な神田・神保町で、1年の短期間に効率よく学習ができる。院生の顔ぶれは、中堅・中小企業の経営者およびその後継者、中核的技術者、ベンチャー起業家、大企業のキャリアアップを目指す社会人など。大卒5年以上の実務経験が条件だが、高卒・短大卒・高専卒の方々にも事前資格認定の制度あり。

【「プロジェクトに使える」「起業の準備ができる」実践的教育内容】
ビジネスの第一線で活躍する実務家教員を中心とした指導、教室を核としたネットワークづくりが、この研究科に通う魅力だ。講義はケーススタディを多用し、院生個人が職場等で抱える課題をテーマに、実務解決型の指導を推進。個々の経験に基づく実例をめぐり、さまざまな角度から議論が交わされる。専任教授11名、客員教授35名は、ビジネス、教育、産業や法務・税務・財務など、バラエティーに富んだ各分野のエキスパートからなる。ゲストスピーカーもほぼ毎週のように招聘され、院生に新たな刺激を伝達する。教員と院生、院生相互のネットワークづくりも盛んで、教室の議論から新規プロジェクトが始まることも珍しくない。

入試情報
■:【2020年度入試】(2021年4月入学者募集)募集概要
授与学位:技術経営修士(専門職)
定員:30名
入学月:4月
履修期間:1年
出願時期:第1回募集:2020/11/2(月)~11/9(月) 第2回募集:2020/12/21(月)~1/4(月) 第3回募集:2021/2/1(月)~2/8(月)
試験日:第1回募集:2020/11/22(日)※予備日:11/21(土) 第2回募集:2021/1/17(日)※予備日:1/16(土) 第3回募集:2021/2/21(日)※予備日:2/20(土)
合格発表:第1回募集:2020/11/27(金) 第2回募集:2021/1/22(金) 第3回募集:2021/2/26(金)
試験科目:書類・面接を利用し、AO方式による選考を行う
初年度納入金:170万円(中小企業診断コースは別途特別科目受講料60万円が必要) ※専門実践教育訓練給付金対象(年間上限56万円・申請時に条件あり)

powered by スタディサプリ社会人大学・大学院