講座・課程詳細

東京電機大学 未来科学研究科情報メディア学専攻国際化サイバーセキュリティ学特別コース

団体名
東京電機大学
課程名
未来科学研究科情報メディア学専攻国際化サイバーセキュリティ学特別コース
課程区分
履修証明プログラム
地域:詳細
東京都足立区千住旭町5番
地図で見る
科目・講師
科目・講師詳細にてご参照ください
開講日時
各年度4月開講、9月開講(ただし、2020年度前期は5月開講)
受講期間の目安
160.8時間
受講料
入学金10,000円、受講料(7科目)224,000円、電子教材費22,600円、施設利用料(2期(1年分))20,000円
学費支援
(奨学金)
無し
学費支援(教育訓練給付金)
有り
ジャンル
理工・情報・IT系(建築・土木系含む)
通学/通信区分
通学
定員
各年度40名
期間
1年間(最大4年間)
課程の目的・概要
サイバーセキュリティ(以下CyS)のより一層の充実は、社会を安心・安全・豊かにするための喫緊の課題である。社会活動に参加する人々のCyS意識を高める必要がある。本プログラムは、社会構成員全員のCyS意識の高揚を先導する、高度CyS専門家を養成することを目的とする。本プログラムの特色は、CyS技術領域のみの教育ではなく、法律・経済・外交・心理・倫理等の分野で、CySに関わりのある内容も高度なレベルで教育することで、経営・運用・折衝・監査等も先導可能な高度CyS専門家を養成することである。
履修資格
学校教育法第90条に規定する大学を卒業した者又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者
対象とする職業の種類
経営層、ICTシステム管理者,ICTシステム開発者、サイバーセキュリティ技術者,CSIRT担当者、サイバーセキュリティ先導啓発者
身につけられる知識、技術、技能
情報セキュリティに関する法知識、インシデント対応やフォレンジックなどの技術的知識
得られる能力
マネジメント能力とガバナンス能力
教育課程
①② サイバーセキュリティ基盤により、セキュアな情報システム構築の知識と基礎力を養う。
③ サイバーディフェンス実践演習により、セキュアな情報システムの設計・運用能力を養う。
④ セキュリティインテリジェンスと心理・倫理・法により、犯罪心理学・行動学・最新の手法・ログや統計データの解析の概論を学ぶ。
⑤ デジタル・フォレンジックにより、技術や学問であるデジタルフォレンジックの考え方や基本技術を習得するとともに、インシデント発生時に適切に対応できるようにする。
⑥ 情報セキュリティマネジメントとガバナンスにより、CISOに必要な基本的な知識と能力を修得する。
⑦ セキュアシステム設計・開発により、セキュアシステム設計・開発論について、演習を通して体得する。
なお、2020年度前期は、遠隔講義で実施。
科目一覧
科目詳細にてご参照ください
修了要件
開講される7科目(160.8時間)すべてを受講し、各科目所定の成績評価基準を満たし、修得すること
修了時に付与される学位・資格等
国際化サイバーセキュリティ学特別コース 履修証明書
成績評価の方法
① 各科目の最終試験で成績評価を行う。
② 講義中心科目では、論述式試験によって、総合的な理解度を測る。
③ 演習中心科目では、総合的な演習課題を与え、その達成度によって評価を行う。
④ いずれも概ね、6割以上の理解・達成をもって、合格とする。
社会人が受講しやすい工夫
① 平日はD5時限目(18時00分~)開講
② 土曜日は3時限連続開講(3週に1回の集中講義)としている。
③ 単位取得の有効期間を4年間とし、勤務等勘案しながら4年かけても履修証明が取得可能としている。
ホームページ
https://cysec.dendai.ac.jp/
卒業生の進路
【職業分野】高度サイバーセキュリティ専門家
出願時期
4月期は各年1月(予定)
9月期は各年7月(予定)
試験日
4月期は各年2月(予定)
9月期は各年7,8月(予定)
合格発表
4月期は各年2月(予定)
9月期は各年7,8月(予定)
入試方法
エントリーシート、面接審査
詳細URL
https://cysec.dendai.ac.jp/