講座・課程詳細

大阪大学 大阪大学医療通訳養成コース

団体名
大阪大学
課程名
大阪大学医療通訳養成コース
課程区分
履修証明プログラム
地域:詳細
大阪府大阪市北区中之島4-3-53 大阪大学中之島センター
地図で見る
科目・講師
科目・講師詳細にてご参照ください
開講日時
2020年7月~
受講期間の目安
173.5時間
受講料
300,000円(税別)
学費支援
(奨学金)
無し
学費支援(教育訓練給付金)
無し
ジャンル
医療通訳
通学/通信区分
通学
定員
30名程度
期間
1年間
課程の目的・概要
厚生労働省「医療機関における外国人患者受入環境整備事業」で作成された「医療通訳育成カリキュラム」に基づき、医療機関で活躍する医療通訳者を養成するプログラム。通訳技術や通訳倫理等を学習し、模擬通訳やロールプレイを実施することにより、通訳者としての能力を得ることに加え、各診療科にわたる基礎的な医療知識や医療制度を学習し、医療機関で通訳を行う専門職として必要な能力を得ることを目指す。
医療通訳者の役割や責任を理解し、基礎的な医療知識、通訳技術、倫理を身に付け、通訳実務に必要な関連知識、対応力、通訳技術を習得、現場研修により実践的な医療通訳を体験する。
講座レベル
基礎レベル、専門レベル
履修資格
以下に該当するもの
・原則20歳以上
・ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)におけるB2以上
・母語において、大学入学程度の語学力と高校卒業程度の知識がある
・母語、対象言語の国や地域における習慣、社会常識を理解している
・文化や社会において異なる価値観を認めることができる
・利用者に対して基本的な尊厳を持ってコミュニケーションを図ることができる
対象とする職業の種類
通訳者等の医療通訳者として従事する可能性のある職種
身につけられる知識、技術、技能
各診療科にわたる医療知識、専門的な通訳技術・通訳倫理
得られる能力
語学力・医療知識・通訳技術を活かした医療分野における専門家としての医療通訳能力
教育課程
医療通訳者に必要な医療知識・倫理・通訳技術を修得する
医療知識講義:各診療科の専門医による講義により各診療科の基礎的な医療知識を学ぶ
医療通訳基礎知識:実務者の講義により、社会制度や多文化共生について理解し、医療通訳者に必要な倫理・対応力を身につける。
通訳技術・実技:通訳の専門家による講義により実践的な通訳技術を学び、実際に模擬通訳・ロールプレイを行うことにより、通訳能力を身につける。ロールプレイは、実際の医療現場を想定したシチュエーションで、ネイティブスピーカー・医療従事者を交えて行うことで、より実践的な医療通訳能力を修得することができる。
現場研修:病院実習を実施することにより実際の医療通訳現場を体験することができ、座学では学ぶことのできない応用力を身に付けることができる。
また、本プログラムではグループディスカッションの機会を設けており、倫理面など個人では解決の難しい問題を共有することで、様々な課題に対し意見交換を繰り返しながら現場での対応力を養うことができる。
なお、医療知識講義では、毎講義ごとの母国語以外の言語での講義レポート提出および用語集の作成を必須としており、自己学習による語学力向上を促している。
科目一覧
科目詳細にてご参照ください
修了要件
全講義の80%以上の出席かつ修了試験に合格
修了時に付与される学位・資格等
履修証明書
成績評価の方法
毎講義のレポート提出・用語集の作成・出席状況・ロールプレイ評価・修了評価試験を総合的に評価する。
社会人が受講しやすい工夫
土曜日の開講、通学困難な状況の場合、オンライン受講を実施
ホームページ
http://conso-kansai.or.jp/interpreter/
出願時期
2020年5月(今年度募集期間は終了)
試験日
2020年6月
合格発表
2020年6月
試験科目
日本語理解力、通訳対象言語運用能力
入試方法
筆記・ヒアリング試験
キャリアアップ・キャリアチェンジに成功した事例
フリーランスから法人雇用、教育側としての活躍、資格の取得、医療通訳者としての国際的な活躍
自由PR
充実した医療知識を学ぶことができます。
また、通訳トレーニングの手法や日本の医療制度に関する知識なども得られます。