講座・課程詳細

京都芸術大学通信制大学院 芸術研究科芸術環境専攻

団体名
京都芸術大学通信制大学院
課程名
芸術研究科芸術環境専攻
課程区分
正規課程
地域:詳細
京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116(京都・瓜生山キャンパス)
地図で見る
開講日時
「詳細はこちら」からご確認ください
受講期間の目安
受講料
学費・標準在籍期間
■学費について 【学際デザイン研究領域】 初年度納入金 46万円(入学金10万円・授業料36万円) 【芸術環境研究領域/美術・工芸領域/環境デザイン領域/超域プログラム】 初年度納入金 85万140円(入学金10万円・授業料75万円・学生教育研究災害傷害保険料140円) ■標準在籍期間について 2年
「詳細はこちら」からご確認ください
学費支援
(奨学金)
無し
学費支援(教育訓練給付金)
※「詳細はこちら」からご確認ください
ジャンル
芸術・美術・伝統工芸・デザイン関連
通学/通信区分
通信
学べる内容
デザイン思考・芸術学,美術工芸・建築・庭園,アートプロデュース,絵画技法材料学
問い合わせ
0120-209-141 通信教育部 入学課 https://www.kyoto-art.ac.jp/tg/
アクセス
市バス3、5、204系統「上終町京都造形芸大前」下車
課程詳細
【20代から80代まで、あらゆる人々が集う通信制芸術大学院】
【学際デザイン研究領域・芸術環境研究領域】
【学際デザイン研究領域】 通学0日の完全オンラインで芸術修士(MFA)を取得可能。 「旧きを知る文化・伝統の探究力」と、「現在~未来を構想するデザイン思考の創造力」を両軸とした研究により、社会や地域に対して創造的に働きかけることができる高い構想力を備えた人材を育成。社会とデザインの関わり、デザイン思考、伝統文化の歴史的な流れなどを学び、新たな価値を創造する力を養う。 【芸術環境研究領域】 芸術の多様なありかたを尊重し、環境との具体的な関わりを研究。主に論文執筆を通じて研究を行う「比較芸術学分野」「文化遺産・伝統芸術分野」、実践的な活動をめざす「芸術教育分野」「地域文化デザイン分野」で構成されている。 ●比較芸術学分野…多様な時代や地域の芸術活動を研究 ●文化遺産・伝統芸術分野…有形無形の文化遺産について研究 ●芸術教育分野…学びとしての芸術活動を支える ●地域文化デザイン分野…芸術活動で人、もの、地域と関わる

【美術・工芸・環境デザイン・超域プログラム】
【美術・工芸領域】 挑戦的制作、素材研究を深める。 ●日本画…今日の多様な日本画表現に振り回されることなく、普遍的な価値表現を追究する。 ●洋画…作品の創作とプレゼンテーションを主軸としつつ、理論的思考を鍛える。 【環境デザイン領域】 文化遺産と住環境を創造する。 ●建築デザイン…現役建築家のスタジオに所属し、独自のプログラムを通して建築設計の思想と実践を追究。 ●日本庭園…伝統的日本庭園の立地・空間構成・意匠・素材・技法などを検証・考察し、研究や作庭、デザインに生かす。 【超域プログラム】 芸術の力で社会を更新する。 ●後藤繁雄ラボ…コンテンポラリーアートの最前線を動かす、グローバルな人材を育成する。 ●青木芳昭ラボ…絵画材料と技法の蘊奥を究める。

【忙しい社会人でも、自分のペースで表現と研究を追究できる】
限られた時間のなかでも存分に学べるように、教員が丁寧に添削指導する「テキスト科目=自宅学習」と、土・日・祝日中心の「スクーリング科目=対面授業」を効率よく組み合わせたカリキュラムを展開(学際デザイン研究領域は完全オンラインで修了可)。各自がそれぞれのペースで、研究・制作を深められる。 また、学習用Webサイト「airU」では、課題内容の確認、テキスト科目の提出、教員からのアドバイスなど、手厚いサポートを受けることができる。

【2022年度募集要項(参考)】
■募集定員 芸術環境専攻:80名 ■出願期間 未定。10月頃公開予定。 (2021年度実績 2021/2/1~2/25) ■入試方法 出願書類と指定提出物で総合的に判断。 指定提出物は領域ごとに異なるため、詳細は同学の学生募集要項を要確認。 ■受験資格について (1)大学を卒業した方(2022年3月卒業見込の方を含む) (2)大学改革支援・学位授与機構から学士の学位を授与された方(2022年3月までに授与見込の方を含む) (3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した方で、日本語での就学能力のある方 ※ただし、学士の学位を授与された方、および2022年3月までに授与見込の方に限る。 (4)専修学校専門課程(専門学校)で高度専門士の称号を取得した方(2021年3月までに取得見込の方を含む) (5)文部科学大臣の指定した方

100%オンライン学習

【学際デザイン研究は完全オンライン】
オンライン学習の充実

【双方向的な学習がWEB上で可能】
プロの教員による指導

【第一線で活躍する教員が指導】

powered by スタディサプリ社会人大学・大学院