講座・課程詳細

名古屋商科大学ビジネススクール 会計ファイナンス研究科 名古屋校

団体名
名古屋商科大学ビジネススクール
課程名
会計ファイナンス研究科 名古屋校
課程区分
正規課程
地域:詳細
愛知県名古屋市中区錦1-3-1
地図で見る
科目・講師
開講日時
44805
「詳細はこちら」からご確認ください
受講期間の目安
受講料
168万5000円(2022年4月入学例)
「詳細はこちら」からご確認ください
学費支援
(奨学金)
有り
学費支援(教育訓練給付金)
※「詳細はこちら」からご確認ください
ジャンル
会計大学院(アカウンティング)
通学/通信区分
通学
こだわり条件
土日・夜間,サテライト,長期履修制,1年制,奨学金,大学院
学べる内容
税法学,会計,コンサルティング技術,経営学
問い合わせ
052-203-8111 https://mba.nucba.ac.jp/
アクセス
「丸の内駅」6番出口より徒歩3分  受講者用駐車場あり
課程詳細
【Best Masters Rankingアジア1位/国際認証された高品質プログラム】
税務・会計のプロとして顧客の経営課題に的確なアドバイスができる高度な職業会計人を養成する。 ●世界トップレベルのプログラム:「Eduniversal Best Masters Ranking worldwide 2021」の税法学部門においてアジア1位・世界3位を獲得(SMBG社 2021年4月9日発表)。 ●国内2校目の国際認証:慶應ビジネススクールに次ぎ国内2校目となるAACSB国際認証を取得。100を超える様々な評価基準をクリアし、プログラム改善と国際通用性を追求。 ●満足度、5点満点中4.5:在学生に科目毎にアンケートを実施し、結果を公開。年間の平均満足度 4.5(5点満点)。 ●丸の内駅徒歩3分:名古屋校は地下鉄「丸の内駅」から徒歩3分。東京校への転キャンパスも可能。

【週末のみの授業で税理士試験最大3科目免除申請可】
●税理士試験3科目免除:会計ファイナンスコース修了者は会計1科目、税法学コース修了者は税法2科目、両コース修了者は3科目の免除申請が可能。 ●土・日のみの授業と平日夜間の修士論文セミナーにより、働きながらの修学が可能。 ●ケースメソッドの実践的授業:ケース・スタディや判例を用いた実践的な学修方法により、資格取得だけでなく、経営者の戦略的パートナーとして活躍できるプロフェッショナルを育成。 ●対象者:税理士志願者だけでなく、金融・証券・保険などの業種で活躍したい人や、企業内での財務のエキスパートを志す人にも最適。

【税理士試験免除のみならず戦略提案のできる税理士を養成】
授業は土日に開講し、隔週平日夜間のセミナーでは、税理士試験免除申請のための修士論文を指導する。これまでの同学の実績では、免除申請をした学生のすべてが国税庁より免除許可を受けている。厳しい経済環境においても「経営者に選ばれ続ける」税理士であるためには、税務会計に加えて、経営全般の戦略提案ができる能力が必要となる。「会計ファイナンス/税法学コース」では、ケースメソッド中心の授業を行い、税務会計に加えて経営全般の理論と実践力を修得。経営者の戦略的パートナーとして末永く活躍できる、税務のスペシャリストを育てる。

入試情報
■:【社会人選抜】2022年9月生 募集概要  ※社会人選抜は実務経験3年以上ある方
授与学位:修士(経営学)  英文学位:MSc in Taxation/MSc in Accountancy ※履修条件によってはMBA取得も可能
定員:65名(年間)
入学月:44805
履修期間:2年間(最短1年間、最長4年間)
出願時期:給費生:2022/5/6(金)~5/21(土) E日程:2022/6/2(木)~6/18(土) F日程:2022/7/7(木)~7/23(土) A.O.方式:選考希望日の2週間前迄に事務局へ申込
試験日:給費生:2022/5/28(土) E日程:2022/6/25(土) F日程:2022/7/30(土) A.O.方式:随時
合格発表:給費生:2022/5/31(火) E日程:2022/6/28(火) F日程:2022/8/2(火) A.O.方式:随時
試験科目:インタビュー、小論文
初年度納入金:168万5000円(2022年4月入学例)

powered by スタディサプリ社会人大学・大学院

コメントを投稿する際はログインして下さい

ユーザーコメント