講座・課程詳細

東洋大学 川越キャンパス 映画で「防災」を考えてみよう【対面型】

団体名
東洋大学 川越キャンパス
講座名
映画で「防災」を考えてみよう【対面型】
課程区分
公開講座
地域:詳細
埼玉県川越市鯨井 2100
地図で見る
科目・講師
開講日時
12月11日(土) 13:30 ~ 15:00(90分)
受講期間の目安
全1回
受講料
学費支援
(奨学金)
無し
学費支援(教育訓練給付金)
無し
ジャンル
自然科学・環境,その他教養,その他実用
通学/通信区分
通学
講座年度
2021
講座申込締切日
2021-11-19
定員
50
講座区分
1回もの
講座詳細
【講座の到達目標】
防災対策における「想定」に関する2つの捉え方を紹介します。そのうえで、精神病理学における「ポスト・フェストゥム」と「アンテ・フェストゥム」という2つの概念を引用しながら、想定に対峙するときの態度として「諦観」というスタンスの重要性に触れます。
 
【講座概要】
 2011年に発生した東日本大震災をひとつの契機に、防災にまつわる「想定外」という言葉が飛び交うようになりました。「想定内」はもとより、「想定外」の事象に対して我々はどのような態度で備えてゆけばよいのでしょうか。本講座では、突如現れた巨大生物“ゴジラ”に対して日本政府が試行錯誤しながら立ち向かう様子を描写する映画「シン・ゴジラ」を考察のための糸口として活用しながら、「想定外に対するスタンス」という観点から日本の防災体制に関する試論を紹介します。講義では防衛等に関する個別技術の話題には触れません。焦点を当てるのは「われわれ(防災行政および住民ひとりひとり)の心構え」です。
 なお、本講座内での映画の上映は一切ありません。受講にあたっては、ご自身で事前に映画「シン・ゴジラ」(2016年公開)を視聴しておかれることをお勧めします。さらに、参考資料として、映画「君の名は。」(2016年公開)や映画「ファインディング・ニモ」(2003年公開)なども併せてご覧になっているとより一層、理解を共有できると思います。講座内では一部に「(いわゆる)ネタばれ」が含まれることをご了承下さい。
講座備考
受講証:有り ※12月1日(水)頃発送予定
開催場所:川越キャンパス
申込方法:本学ホームページより、必要事項入力の上、送信してください。申込期間終了後に「受講証」をお送りします。
※定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
申込先:http://www.toyo.ac.jp/events/academics/faculty/sce/open2021/
問い合わせ先:川越事務部教学課 TEL:049-239-1824
※ 「受講証」は、申込時にご記入いただいた住所への到着まで発送日より2 ~ 3日お待ちください。
キャンパスホームページ
https://www.toyo.ac.jp/about/access/kawagoe/
キャンパス説明
理工学部、総合情報学部の学生が修学する川越キャンパスは、東京ドーム6個分の広大な敷地に最先端の研究施設がそろっています。陸上競技場や各種グラウンドを備え、「7号館」には、スタジオ、ミニシアター、物創り工房、実験室などが完備されています。 豊かな自然と最新の施設が充実したキャンパスです。
キャンパス最寄り駅
池袋駅から東武東上線で急行約38分、「鶴ヶ島」駅下車、徒歩10分。

powered by Second Academy