講座・課程詳細

東洋大学 白山キャンパス 企業を診る眼を養う ~決算書分析事始め~【ハイブリッド型】

団体名
東洋大学 白山キャンパス
講座名
企業を診る眼を養う ~決算書分析事始め~【ハイブリッド型】
課程区分
公開講座
地域:詳細
東京都文京区白山 5-28-20
地図で見る
科目・講師
開講日時
11月20日・11月27日・12月4日・12月11日(土) 10:40 ~ 12:10(90分)
受講期間の目安
全4回
受講料
(受講料) 6,600円 (その他) 定員(Web):95名
一般(Web):¥4,400(全4回分)
本学学生(Web):¥2,200(全4回分)
学費支援
(奨学金)
無し
学費支援(教育訓練給付金)
無し
ジャンル
財務,会計
通学/通信区分
通学
講座年度
2021
講座申込締切日
2021-11-10
定員
25
講座区分
数回もの
講座詳細
【講座の到達目標】
企業が作成する決算書にはどのようなものがあるのか、そしてそれはどのようなことを意味しているのかを理解するとともに、簡単な財務分析ができるようにします。

【講座概要】
 企業、特に株式会社は、1年間の活動の結果を報告するために決算書を作成することになっています。決算書は株式会社にとって成績表のようなものです。その代表的な存在が貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう:B/S)と損益計算書(そんえきけいさんしょ:P/L)と呼ばれるものです。これらは独特の形式に基づいていますので、内容をわかりやすく解説していきます。また、有名な会社の決算書を実際に使って簡単な財務分析を行いたいと思います。この講座で企業の良し悪しを診る眼を養うことによって、経済ニュースをより深く理解できるようになることはもちろん、株式や社債への投資をするときや、取引先の経営状況を把握したり、さらには就職・転職活動をする際の判断に役立てることが可能になるでしょう。

【日程】
第1回<11月20日(土)>講師:増子敦仁
決算書とは何か
第2回<11月27日(土)>講師:穐山幹夫
貸借対照表
第3回<12月4 日(土)>講師:穐山幹夫
損益計算書
第4回<12月11日(土)>講師:増子敦仁
実際のデータを用いた財務分析
講座備考
受講証:有り ※メールで配信
開催場所:「受講証」に教室名等を記載
キャンパスホームページ
https://www.toyo.ac.jp/ja-JP/social-partnership/csc/koza/koza/
キャンパス説明
【大学紹介】東洋大学の創立者井上円了は、「大学の教育を広く民衆に届ける」という先駆的な志と業績をもって大学を創設しました。東洋大学社会貢献センターは、本学の知を総動員して、乳幼児期の活動支援から小中高校生のための学びへの協力、そして長い人生のなかでいつでも学び直して、新しい自分にリニューアルできる場として、あらゆる年齢の方々への知の提供をします。多様な世代や立場の人たちと一緒に、あなたも新しい自分磨きをしてみませんか。一般の方はもちろん、本学学生や他大学生など、どなたでも講座に参加することができます。
【キャンパス紹介】文学部・経済学部・経営学部・法学部・社会学部・国際学部・国際観光学部の学生が修学する白山キャンパスは、JR山手線の内側に位置する、アクセス良好な東洋大学のメインキャンパスです。シンボルタワーの2号館屋上からは副都心を一望できます。都心とはいえ、緑も多く静かで学びに集中できる環境です。複数の学食スペースは、メニューも豊富で今日は何を食べようか迷うほどです。
キャンパス最寄り駅
都営地下鉄三田線「白山」駅下車、徒歩5分。又は「千石」駅下車、徒歩7分。
東京メトロ南北線「本駒込」駅下車、徒歩5分。
都営バス(草63系統/浅草寿町行、又は池袋駅東口行)「東洋大学前」下車。

powered by Second Academy