講座・課程詳細

共立女子大学・共立女子短期大学  公開講座(オンライン) まちの雰囲気を継承する建物探訪 ―神田周辺

団体名
共立女子大学・共立女子短期大学  公開講座(オンライン)
講座名
まちの雰囲気を継承する建物探訪 ―神田周辺
課程区分
公開講座
地域:詳細
東京都千代田区一ツ橋2-2-1共立女子学園4号館1F 公開講座係
地図で見る
科目・講師
開講日時
配信日:9月26日(月)~10月25日(火) 配信日の10:00~15:00の間に、ご視聴に必要なURLや資料等をメールにてお送りいたします。
受講期間の目安
1
受講料
学費支援
(奨学金)
無し
学費支援(教育訓練給付金)
無し
ジャンル
芸術,デザイン・ファッション,その他趣味
通学/通信区分
通信
講座年度
2022
講座申込締切日
2022-09-19
講座区分
1回もの
講座詳細
建築・デザイン学部開設記念(2023年4月開設予定)

当大学がある神田地区は江戸・東京の中でも歴史ある地です。江戸初期に江戸の街が整備されると、神田の東部は主に町人地、西部は主に武家地となりました。明治期に入ると、江戸期からの商業はさらに発展したほか、武家地一帯には「東京大学」など、多くの大学・学校が誕生、文教の地となり、周辺は学生の街として賑わうようになりました。路面電車や鉄道が開通すると、須田町・万世橋周辺は交通の要衝となり、東京有数の繁華街となりました。古くより、多くの人が集まる地であったことから「岩本町繊維問屋街」「神田古書店街」「秋葉原電気街」など多様な専門店街も形成されました。
現在も飲食店で賑わうまち神田駅周辺、老舗が多く残るまち神田淡路町、古書店、印刷・出版のまち神田神保町、大学・病院の集積するまち神田駿河台、スポーツ用品のまち神田小川町、薬・金物・繊維等の問屋のまち岩本町・東神田)などが神田の商業の特徴となっています。このような歴史のある神田地区は開発が進み昔の面影は薄れています。しかしその中でも昔の面影が残る建築、そして街に馴染みつつ新たな景観をつくる建築もまちの雰囲気を継承しています。そんなまちに埋もれた建築を探訪します。
講座備考
本講座は本学が加盟する千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアム(略称:千代田区キャンパスコンソ)の共同公開リレー講座として開講します。

※詳細は共立女子大学・共立女子短期大学公開講座HPをご確認ください。講座内容及び開講日、開講形態は変更する場合があります。
キャンパスホームページ
https://www.kyoritsu-wu.ac.jp/academy/
キャンパス説明
本学では、広く一般に向けて公開講座を開講しています。
(受講料無料・会費不要)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため動画配信型を中心に開講をいたします。
対面での講座は、新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、変更・中止となる可能性がございますこと、予めご了承ください。
キャンパス最寄り駅
東京メトロ東西線「竹橋」駅、東京メトロ半蔵門線・都営三田線・都営新宿線「神保町駅」

powered by Second Academy

コメントを投稿する際はログインして下さい

ユーザーコメント