講座・課程詳細

金沢大学 金沢大学社会教育主事講習

団体名
金沢大学
課程名
金沢大学社会教育主事講習
課程区分
履修証明プログラム
地域:詳細
石川県金沢市角間町
地図で見る
科目・講師
科目・講師詳細にてご参照ください
開講日時
7月~8月(令和2年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況を鑑み、実施を見合わせることとしました。)
受講期間の目安
155時間
受講料
なし
学費支援
(奨学金)
無し
学費支援(教育訓練給付金)
無し
ジャンル
教育系
通学/通信区分
通学
定員
50名
期間
2か月間
課程の目的・概要
この講習は、社会教育法(昭和24年法律第207号)第9条の5の規定及び社会教育主事講習等規程(昭和26年文部省令第12号)に基づき、社会教育主事の資格を付与するため、①社会教育主事に求められる資質・能力を高め、②学びを通じた絆づくりと活力あるコミュニティの形成に寄与する人材を育成することを目的に実施し、講義のみならず県別研修・現地研修におけるフィールドワークやワークショップ力、コミュニケーション力向上のための参加型学習によって、地域の生涯学習コーディネーターとしての実践力を身につけることを内容とした課程である。
4テーマへの該当の有無
地方創生
履修資格
社会教育主事講習等規程第2条の各号の一に該当する者
対象とする職業の種類
県・市町村等の教育委員会又は首長部局等における生涯学習に関する職務に従事する職、社会教育関係団体職員、公民館等の社会教育施設職員又は教員 等
身につけられる知識、技術、技能
・生涯学習・社会に係る理論(生涯学習概論)
・社会教育の計画・立案についての実際と方法(社会教育計画)
・専門的な知見を踏まえた実践的な能力、学習者とのコミュニケーション能力(社会教育演習)
・社会教育主事としての幅広い視野、社会的関心及び専門的内容についての理解力(社会教育特講)
得られる能力
事業企画力、ニーズ把握力、地域診断力・地域課題発見力、プレゼンテーション力、ワークショップ力、コミュニケーション力 等
教育課程
①「生涯学習概論」では生涯学習や社会教育の本質について修得するとともに、国や自治体における社会教育行政の施策及び現状について理解させる。
②「社会教育計画」においては、自治体や社会教育施設、公民館の実務従事者による講義も交え、事業企画力やニーズ把握力の向上に重点を置いた知識の習得を図る。
③「社会教育演習」においては、ワークショップ法や地域診断法を事前学習した上で、地方自治体における社会教育行政及び施設の実地調査を通じて、課題発見力、事業企画力、プレゼンテーション力の向上を図る。
④「社会教育特講」では、社会教育主事としての様々な分野における知識の習得を図るとともに、社会教育主事として必要なコミュニケーション能力の向上を図る。
科目一覧
科目詳細にてご参照ください
修了要件
「生涯学習概論」「社会教育計画」「社会教育演習」「社会教育特講」の4科目、155時間を履修し、全9単位を修得すること。ただし、科目単位で複数年度に及ぶ分割受講による単位修得も可能としている。
修了時に付与される学位・資格等
履修証明書、単位修得証明書、社会教育主事基礎資格
成績評価の方法
科目「生涯学習概論」「社会教育計画」「社会教育特講」は、出席時数、受講態度及びレポートによる成績評価、科目「社会教育演習」は、出席時数、発表態度及び班別レポートにより成績を評価する。
社会人が受講しやすい工夫
長期休暇期間(夏季)における集中開講。複数年に分けて、科目単位に分割受講可能。
ホームページ
https://koa.w3.kanazawa-u.ac.jp/project/social-education/
卒業生の進路
社会教育関係団体職員、教育委員会職務従事者 等
出願時期
6月(令和2年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況を鑑み、実施を見合わせることとしました。)
試験日
なし